My Own Way.        

山之内紳悟

My Own Way.

山之内紳悟

怖いのは、慣れてないだけ。

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

自分を出すのが怖い
出したところで、受け入れてもらえるかな
嫌われたくない

という人もいれば、

チャレンジするのが怖い
失敗したらどうしよう
恥かきたくない

という人もいるでしょう。

 

どちらも、「怖い」わけです。

 

 

さて、人が「怖さ」を感じるのは、何に対してか。

 

「見えない」「感じたことがない」ものに対して、「怖さ」を感じます。

だから、「未来」に対して不安を感じやすいし、「やったことがないこと」に対してもそう。

どうなるかわからないのが怖いわけです。

しかも、どうなるかわからないのに、なぜか良くないイメージばかり浮かんでくるから尚更。

ちなみに、これは基本的な人間の構造なので、誰しもがそうです。

僕も、新サービスをリリースする時とかドキドキしまくりですから。笑

 

 

じゃあどんどんチャレンジする人はどうなっているのか。

 

もちろん、怖さを感じないわけじゃありません。

同じ人間ですから。

怖さを感じても、「もう大丈夫だ」って体感レベルでわかってるから、むしろ怖さをパワーに換えて、向かっていくことができるんです。

 

 

ここで、最初の例をもう一度。

 

自分を出すのが怖い
出したところで、受け入れてもらえるかな
嫌われたくない

チャレンジするのが怖い
失敗したらどうしよう
恥かきたくない

 

こんな時、誰しもが、最初は「怖い」と感じるわけです。

が、大事なのはその後。

だから、やらないのか。

それでも、やってみるのか。

 

前者は、怖いを怖いままにしているから、一向に怖いまま。

ずっと’’やりたい’’って言ってるだけで終わり。

やったから怖いんじゃなくて、やってないから怖い。

 

後者は、「実際のところどうなのか」自分で体験できる。

確かに、もしかしたら痛みを伴うこともあるかもしれない。

やったことがなければ尚更。

でも、想像以上の喜びを伴うことだってある。

どうなるかなんてやってみなきゃわからない。

そんな中、またやってみる。

そうして繰り返す中で、「大丈夫」「できる」という実感が湧いてくる。

やってみたからこそ得られたもの」でいっぱいになっていくわけです。

 

小さい頃、自転車に乗る練習をしましたよね。

覚えてないかもしれませんが、何度も何度も転んだはず。

最初は誰だって乗れないし、怪我をして痛いこともあっただろうけど、それでも何度も何度もチャレンジしましたよね。

あの頃チャレンジできてたのに、今できないなんてことないですからね。

 

 

もちろん、やってみて違ったならやめれば良いんです。

それはもう違ったわけだから、仮に痛かったとしても、怖さはなくなります。

怖いのは、やってないから。

 

一度やってみたら、「やってみる」ことに対する怖さがなくなります。

正確に言うとなくなるわけじゃないけど、その怖さよりも、やってみた先に得られるものにワクワクして、「それでもやってみよう」って思えるようになります。

それは、やってみた結果、「大丈夫。やっても良いんだ」って実感したから。

だから、他のことでも、それが新しいことでも、どんどんチャレンジしていけるようになるわけです。

もはや「次は何が起きるんだー」ってゲーム感覚になってきますよ。笑

 

 

そ、怖いのは、慣れてないだけ。

全然転んでないから。

 

怖いからって立ち止まってちゃ怖いまま。

ガシガシ転びにいこ。

 

 

1人じゃどうしても難しいなら、みんなでやっちゃおー!

というのが、今回募集中のMOWプログラム

赤信号、みんなで渡れば怖くない。笑

せっかくの’’やりたい’’なんだから、一緒にダイブしていけたらなと思います。

慣れれば、どんどん世界は広がっていくから。

 

 

—————————————

 

LINE@でやり取りしましょー^^

ワールド全開の面白い世界に招待しますよー!

詳細はコチラ

 

—————————————

 

■サービスページはコチラ

■イベントページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ