幸せにつながる「自分たちオリジナルの夫婦・家族のカタチ」を築いていこう。

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

僕が、それぞれの「夫婦・家族のカタチ」を見つけて、築いていきましょう
とお伝えしているのは、本当に色んなカタチがあるから。

隣で一歩ずつ一緒に踏みしめていく夫婦
旦那さんが少し前を歩いて、引っ張ってもらいながらついていく奥さん
ガンガン強めな奥さんがいて、実は見えていない広い部分で安心感を与えてくれている旦那さん
子どもを先頭に立たせて、後ろからサポートする夫婦
とにかく好きなことを最優先に、みんなで楽しむ家族

などなど

10組の夫婦・家族がいれば、10通り
100組いれば、100通り
1,000組いれば、1,000通り

文字通り、十人十色。

 

そんな中、大切なのは、

世の中や周りに惑わされず、「自分たちにとっての心地良いカタチ」を築いていく

こと。

 

 

知らず知らずのうちに、影響を受けやすいのが、時代背景、つまり世の中の一般的な声。

今だと、「共働きの家庭が増え、家事や育児は夫婦2人で協力する」というスタイルが、
風潮として徐々に増えてきていますよね。

以前は、「専業主婦が主流で、男は外で稼いできて、女は家のことを全部やる」というスタイルが、
大多数を占めていました。

だから、「男だから」「女だから」といったスタイルは古いし、
今時、「2人で協力するのが当たり前」でしょ。

 

って簡単にシフトしちゃうのは、本当に危険!!!

語弊のないようにお伝えしたいのですが、
たとえ共働きだとしても、2人で協力するのは決して当たり前じゃないです。

というのも、シンプルに、「共通の当たり前はこの世に1つもない」から。

 

ほんの些細なことでも、「当たり前でしょ」って思った瞬間から、
ミスコミュニケーションは始まっています。

「自分の当たり前」と「相手の当たり前」は違うから。

昨日の記事でもお伝えしましたが、
この「当たり前だと思っている」ことをすり合わせていくことが大切。

 

 

その中で、「自分たちにとっての心地良いカタチ」を見つけていく。

あーでもないこーでもないと言いながら、

「これはウチに合ってるよね」
「これは何か違う気がする」
「お、何か良いんじゃない」

って話し合いながら、2人で見つけていく。

 

大事なのは、「心地良いかどうか」。

正しいかどうか
周りから見てどうか

とか一切いらない。

何よりも自分たちの心地良さを優先して。

もしかしたら、時代に逆行してるカタチになったり、
端から見ると変なカタチになったりするかもしれませんが、
それが2人にとって心地良いカタチなら、全然OK!

 

 

いきなりそう言われてもピンとこない場合は、周りを「ヒント」にするのはアリ。

気になる要素やポイントをピックアップして、実際に自分たちで試してみる。

で、心地良いかどうか、改めて2人で確認し合う。

この繰り返しで、自ずと「自分たちオリジナルの夫婦・家族のカタチ」が築かれていく。

 

話し合って、出てきたものを試してみる。

このトライ&エラーの姿勢が大切ですよ。

何をやるにしても、2人の協同作業で^^

 

 

ちなみに、この「夫婦・家族のカタチ」ができてくると、
それだけで幸せ度がグングン上がっていきます

そりゃ、自分たちにとっての心地良いカタチで、色んなことが楽しくなってくるから。

夫婦仲もどんどんラブラブになっちゃいますね^^笑

もちろん子どもとの関係性も良くなります^^

 

また、1回話し合ったら終わりじゃありません。

常にブラッシュアップし続けることで、より一層しっくり感が増していきます。

そして、都度「その時の自分たちにとってのベストなカタチ」を築いていくことができます。

人って本当に変化しますからね。

実際、僕たちの「夫婦・家族のカタチ」もどんどん変化していってます。

詳しくはまたお届けしますね。

 

それから、「カタチ」って言ってるので、「パズル」みたいなものです。

楽しみながら、色んなことを試してもらえたらなと思います。

それだけで、人生豊かになること間違いないですから^^

 

 

—————————————

 

現在募集中

 

正に、「自分たちオリジナルの夫婦・家族のカタチ」を築いていくこともできる

子育ても、仕事も、家事も、全部楽しみながらやりたいあなたに送る!
【夫婦で協力・応援し合えるコミュニケーション講座】

 

体験会もやります!

 

—————————————

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガ・LINE@の詳細はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

—————————————

 

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ