感覚的な人こそ「直感」を貫くべし。

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

最近、ぽーっとする大事な日を過ごしたり、

アートに触れてみたり、

クリエイティブな世界観に触れてきたりしているのには理由があるんです。

 

キーワードは、

直感

 

 

元々直感がかなり鋭いんです。

だから、感覚的に生きてきたし、あまり頭を使わずに生きてきました。

そして、その直感のおかげで色んなことがうまくいってました。

ところが、最近全く直感が働いてないな〜って気づいたんです。

しかも、感覚的な人間だと思ってたのに、それって勘違いだったのかな〜と思っちゃうほど。

 

感覚的な人って変な話「なんとなく」でやっちゃってるから、なかなか理解されないことがあります。

周りの声やいわゆる一般常識みたいなものにもかなり揺さぶられます。

そことはズレてることが多々あるからです。

しかも、「なんとなく」だから、イマイチ説明も伝わらない。

 

で、自分を貫くことができなくなると、僕みたいになっちゃうんです。

僕も今の仕事を始め、多くの専門的な知識を身に付けてきました。

そもそもやったことがないことにチャレンジしているので、日々学んでばかりです。

そうした時に、知らず知らずのうちに、感覚的に「こうしたい」と思っていたのに、
「こうした方が良いのかな」に変わっていってしまっていたんです。

 

それでうまくいくんなら別に問題ないと思います。

でも、うまくいかないんですよね。

これだから人間って面白い。

無意識なんですけど、心の声に素直に生きるようにできてるんです。

 

だから、違和感を無視しないでほしい。

 

特に、感覚的な人。

「直感」を貫いて良い。

むしろ「直感」を貫いた方が良い。

ふわふわしてると思われてもOK。

 

 

ってことで、僕は元々強力だった「直感」を取り戻します!

そのために、感性を刺激することや自分の声を聴くことを積極的に取り入れてるわけです。

感覚で攻めていきましょー!

 

 

追記:『やっぱり「直感」を貫くべし。自分の「感覚」を疑うな。

 

 

—————————————

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガ・LINE@の詳細はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

—————————————

 

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ