言い訳したり、反発・抵抗したりしても大丈夫。ただし・・・

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

言い訳。

でも・・・
だって・・・
どうせ・・・

あるいは、反発・抵抗。

いやいやいや・・・
そんなこと言われても・・・
いいえー違いますー、あなたの言ってることは全然違いますー

 

言い訳や反発・抵抗って一概には「良くない」イメージですよね。

確かに、それらによって、自分で自分にストップをかけてしまうのは事実。

 

でも、時には、「最後の砦」として大切な役目を果たすこともあります。

これらは、自分を守るための「防御」として使ってるわけなので。

「今はまだ向き合いたくない」「どうしても触れたくない」というサインを表してるわけです。

だから、僕は、言い訳したり、反発・抵抗したりすることがあっても良いと思ってます。

 

 

今思えば、僕も、めっちゃ言い訳してた時期あるし。笑

思い通りにいかなかったら、何かと誰かのせいにしたり、タイミングのせいにしたり。

どうしても自分の中で受け入れられることができず、反発・抵抗も散々繰り返して。

気づいているのに気づいていないフリをして、そこにズバッと踏み込まれたら、怒ってごまかす。

怒ってる時点でドンピシャなのに、それでもごまかす。笑

 

でも、こうして言い訳したり、反発・抵抗したりしないと、守れないものもあったわけです。

端から見てそれが守るに値するかどうかなんてわからないけど、その時の僕にとってはどうしても守りたかったもの。

「今はまだ無理、そっとしておいて」みたいな感じで。

 

 

だから、「言い訳するな」とか「反発・抵抗やめて、素直に認めろ」とか言われるかもしれないけど(実際僕も相手にとって必要だと感じたら伝えることあるし)、どうしても駄目だったら、言い訳しても、反発・抵抗しても大丈夫。

どうぞ、遠慮なく〜^^

 

 

ただし!!!

 

言い訳したり、反発・抵抗したりすることに慣れてほしくはありません。

これらは、あくまで本心をごまかして、自分を守る行為。

だから、慣れてしまうと、本心をごまかし続けることになり、麻痺していく。

結果、本心がわからなくなり、どうしたいのかわからなくなる。

 

そうなってくると、これまた逆にしんどい思いをすることになるわけです。

先程も言ったように、ストップをかけているのは事実なので、いざ前に進みたいと思ったら、どこかのタイミングで必ず向き合う必要があります。

なのに、本心をごまかし続けた結果、どうしたいのかわからなくて、モヤモヤが募るという><

 

だから、言い訳したり、反発・抵抗したりしながらも、

「じゃあ本当はどうしたいのか」
「一体自分の本心は何なんだろう」

って都度見つめてほしい。

「今はまだ向き合いたくない」
「どうしても触れたくない」

というそこまでの思いの裏側に隠れた本心を探ってほしい。

 

本当は仲良くしたい
本当は大切にしてほしい
本当は目立ちたい
本当はバリバリ仕事したい
本当はやりたいことがある

などなど・・・

 

何にせよ、そうして気づいたら、その本心を大切にしてほしい。

たとえ今すぐ真正面から向き合えなかったとしても、ごまかしたり、ないがしろにしたりするんじゃなく、あなたの一部としてどこかにそっと置いておいてほしい。

 

そうすれば、いざその時がきたら、自ずと収まるところに収まるから。

「本当はこうしたいんだ」という想いに素直にまっすぐ進んでいけるから。

 

 

疲れたら羽を休め、心身ともに癒され、また羽を広げて羽ばたいていく。

自分を守り、準備が整ったら、また歩を進めていく。

 

そうして、あなたの大切な「本心」=’’やりたい’’をカタチにしていきましょ^^

 

 

—————————————

 

LINE@で「仲間」「友達」になりましょー^^

ワールド全開の面白い世界に招待しますよー!

詳細はコチラ

 

—————————————

 

■サービスページはコチラ

■イベントページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ