新しいステージに突入!これからは、「夫婦」「親子」「家族」にアプローチしていきます!

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

今日で、奥さんと付き合い始めてから4年。

本当に色んなことがあったなぁと思います。

いっぱい笑って、時には涙して、一緒に喜んで、はたまたぶつかることもあって。

恋人として、結婚してからは夫婦として、
僕たちなりのパートナーシップを築きながら、共に歩んできました。

そして、今年に入って妊娠し、いよいよ来月に出産予定を控えているという今。

 

また、僕個人としても、起業してから4年半が経ち、色々な人と関わってきました。

数字を見てわかる通り、起業してから半年程で付き合い始めたこともあり、
仕事面においても一緒に歩んできたと言っても過言ではありません。

実際、途中からは一緒に株式会社 Life Missionを育ててきました。

 

 

という中で、このタイミングにおいて、僕の中に生まれた「大きな変化」を感じました。

これまで「個人」「その人自身」にフォーカスして、様々なサービスを提供してきました。

おかげさまで、たくさんの人に喜んでもらうことができました。

ダイレクトに変化を感じられるので、嬉しい限りです^^

 

でも、いつの間にか「違和感」を感じるようになったんですよね。

もちろん嬉しいのは嬉しいんだけど、もっと役に立てることがあるんじゃないか、自分の本当にやりたいことって何なんだろうか。

常にこの問いが浮上するようになりました。

 

この違和感に対して、様々なアプローチをしている内に、自身の経験を通して、

「夫婦」「親子」「家族」にアプローチしていきたい

という想いがあることに気づきました。

僕の中で、結婚、そして妊娠、更にはこれから控える出産から子育てという一連の経験が本当に大きかった。

(実際に妊娠して出産するのは奥さんですけどね。笑)

 

そんな中で、自分自身はもちろんのこと、周りの家族に対しても、

子どもにものびのび育ってほしいし、夫婦にものびのび生きてほしい

と強く思うようになりました。

実際、「子どもにのびのび育ってほしい」と願っている夫婦がたくさんいることも実感しました。

 

じゃあどうすれば良いかなと思った時に、
今お腹の中にいる子どもの様子や周りを見ていてもそうだし、自分が子どもの頃の経験も引っくるめて、

子どもにのびのび育ってほしいなら、夫婦がのびのび生きること

が何よりも大事だなと気づきました。

何せ子どもにのびのび育ってほしいという想いが強い一方で、
自分たちは我慢すれば大丈夫って思っていたり、子どもを最優先にしたりするばかりで、
自分たち夫婦のことをないがしろにしている人が本当に多いから。

 

でも、よく考えてみてください。

自分が子どもだった頃、親が我慢してたら、知らず知らずのうちに我慢してませんでした?

子どもなりに気遣いとかしてませんでした?

親がイライラしてたら、顔色伺ってませんでした?

大人になって自分が親になるとたちまち忘れがちですが、子どもは想像以上に遥かに敏感な生き物です。

 

だからこそ、「子どもにのびのび育ってほしいなら、夫婦がのびのび生きること」が本当に大事!

 

 

そこで、僕自身、ビジネスもプライベートも引っくるめてこれまで築いて培ってきた
コミュニケーション」や「パートナーシップ」を活かして、

子どもと一緒に、夫婦がのびのび生きる方法

をお届けしていこうと思うようになりました。

 

 

また、これまで奥さんと一緒にやっているとは言っても、事業内容的にはバラバラだったところ、
今回こうして「夫婦」「親子」「家族」に対してアプローチしていくことになり、
いよいよ本格的に一緒に進んでいくことになりました。

僕のアプローチは「コミュニケーション」ということで、いわゆる「心」へのアプローチがメイン。

一方、奥さんは、メディカルグレードの「アロマ」や「食」を通して、「身体」へのアプローチをメインにしています。

なので、

これから子どもが欲しいと思っている夫婦
既に妊娠中・子育て中の夫婦

に向けて、僕たち夫婦2人で、「心身のトータルサポート」をしていければなと思っています^^

 

 

ということで、情報も含め、新しいサービスや講座等もこれからお届けしていくので、お楽しみに^^

一足お先にメルマガを始めるので、どうぞ^^

詳細はコチラ

 

 

今回はかなり大きいシフトチェンジだと思っていて、
土台があるとは言え、改めて0からのスタート感満載ですが、
必要としている人に届いていくと良いなと思っています^^

幸せに、のびのび生きる人を増やしていくでー!!!

 

 

今回の経緯等、わかりやすくプロフィールにまとめたので、コチラも目を通してみてください。

 

 

P.S.奥さん、いつも本当にありがとう^^

 

 

—————————————

 

■サービスページはコチラ

■お問い合わせはコチラ