• 怖いのは、慣れてないだけ。

    こんにちは^^
    山之内紳悟です。

     

    自分を出すのが怖い
    出したところで、受け入れてもらえるかな
    嫌われたくない

    という人もいれば、

    チャレンジするのが怖い
    失敗したらどうしよう
    恥かきたくない

    という人もいるでしょう。

     

    どちらも、「怖い」わけです。

     

     

    さて、人が「怖さ」を感じるのは、何に対してか。

     

    「見えない」「感じたことがない」ものに対して、「怖さ」を感じます。

    だから、「未来」に対して不安を感じやすいし、「やったことがないこと」に対してもそう。

    どうなるかわからないのが怖いわけです。

    しかも、どうなるかわからないのに、なぜか良くないイメージばかり浮かんでくるから尚更。

    ちなみに、これは基本的な人間の構造なので、誰しもがそうです。

    僕も、新サービスをリリースする時とかドキドキしまくりですから。笑

     

     

    じゃあどんどんチャレンジする人はどうなっているのか。

     

    もちろん、怖さを感じないわけじゃありません。

    同じ人間ですから。

    怖さを感じても、「もう大丈夫だ」って体感レベルでわかってるから、むしろ怖さをパワーに換えて、向かっていくことができるんです。

     

     

    ここで、最初の例をもう一度。

     

    自分を出すのが怖い
    出したところで、受け入れてもらえるかな
    嫌われたくない

    チャレンジするのが怖い
    失敗したらどうしよう
    恥かきたくない

     

    こんな時、誰しもが、最初は「怖い」と感じるわけです。

    が、大事なのはその後。

    だから、やらないのか。

    それでも、やってみるのか。

     

    前者は、怖いを怖いままにしているから、一向に怖いまま。

    ずっと’’やりたい’’って言ってるだけで終わり。

    やったから怖いんじゃなくて、やってないから怖い。

     

    後者は、「実際のところどうなのか」自分で体験できる。

    確かに、もしかしたら痛みを伴うこともあるかもしれない。

    やったことがなければ尚更。

    でも、想像以上の喜びを伴うことだってある。

    どうなるかなんてやってみなきゃわからない。

    そんな中、またやってみる。

    そうして繰り返す中で、「大丈夫」「できる」という実感が湧いてくる。

    やってみたからこそ得られたもの」でいっぱいになっていくわけです。

     

    小さい頃、自転車に乗る練習をしましたよね。

    覚えてないかもしれませんが、何度も何度も転んだはず。

    最初は誰だって乗れないし、怪我をして痛いこともあっただろうけど、それでも何度も何度もチャレンジしましたよね。

    あの頃チャレンジできてたのに、今できないなんてことないですからね。

     

     

    もちろん、やってみて違ったならやめれば良いんです。

    それはもう違ったわけだから、仮に痛かったとしても、怖さはなくなります。

    怖いのは、やってないから。

     

    一度やってみたら、「やってみる」ことに対する怖さがなくなります。

    正確に言うとなくなるわけじゃないけど、その怖さよりも、やってみた先に得られるものにワクワクして、「それでもやってみよう」って思えるようになります。

    それは、やってみた結果、「大丈夫。やっても良いんだ」って実感したから。

    だから、他のことでも、それが新しいことでも、どんどんチャレンジしていけるようになるわけです。

    もはや「次は何が起きるんだー」ってゲーム感覚になってきますよ。笑

     

     

    そ、怖いのは、慣れてないだけ。

    全然転んでないから。

     

    怖いからって立ち止まってちゃ怖いまま。

    ガシガシ転びにいこ。

     

     

    1人じゃどうしても難しいなら、みんなでやっちゃおー!

    というのが、今回募集中のMOWプログラム

    赤信号、みんなで渡れば怖くない。笑

    せっかくの’’やりたい’’なんだから、一緒にダイブしていけたらなと思います。

    慣れれば、どんどん世界は広がっていくから。

     

     

    —————————————

     

    LINE@でやり取りしましょー^^

    ワールド全開の面白い世界に招待しますよー!

    詳細はコチラ

     

    —————————————

     

    ■サービスページはコチラ

    ■イベントページはコチラ

    ■プロフィールはコチラ

    ■お問い合わせはコチラ

  • 「PLAYLAND」という名に込めた想い。

    こんにちは^^
    山之内紳悟です。

     

    何のために生まれてきたのか。

     

    各々個別のテーマがあるとは思いますが、総じて、

    遊ぶ

    ために生まれてきたと思ってて。

     

    先日お会いした方も、最近のテーマというかこの先の人生のテーマになるだろうけど、「地球を遊ぶ」ことを大切にしてるって言ってました。

    だから、いつもなら定番の乗り換えで来るところを、いつもとは違う方法で間に徒歩を挟んでここまで来たとのこと。

    新鮮な世界に触れて、清々しそうに、正に遊んでるなぁって感じで言ってました。

    これは夏にするもんじゃないとも言ってましたけど。笑

     

    この話を聞きながら、「やっぱ人生遊んでこそだよなぁ〜〜〜」って思いながら、、、「ハッ!?」と思い出しました。

    そういや、そんな想いで、「PLAYLAND」って名前にしたんやん!←忘れてる場合ではない。笑

    (MOWプログラムの中でのグループ名かつコンセプト)

     

    理由はシンプル。

    だって、面白いやん!!!

     

     

    僕がここで言ってる「遊び」って単なる遊びのことではなくて、それこそ「地球を遊ぶ」にニュアンスは近いと思うけど、あらゆることを全部遊びにしちゃおーってこと。

    楽しいことや嬉しいことはもちろん、悲しいことや苦しいこと、幸せなことからつらいことまでも、全部全部引っくるめて、遊ぶ。

    ってかそのあらゆることそのものが「遊び」になる。

     

    どんな経験も遊びになったらどう?

    何を見て、何を聞いて、何を匂って、何を口にして、何に触れて、何を感じて、、、全部遊びになったらどう?

    面白くないですか!?

     

     

    僕は、めちゃくちゃ面白いと思ってて、この「世界の味わい方」を広めていけたら良いなってことで、「PLAYLAND」という名に想いを込めました。

     

     

    「人生」「地球」という広いフィールドで「遊ぶ」ことを身に染み込ませていきながら、まずは今回集まったメンバー同士で思いっきり遊ぶ。

    そういった「遊び場」としての役割を果たすための「PLAYLAND」。

    メンタル・マインド面のアプローチもしていきながら、色んな実験を重ねて、遊びまくる。

     

    さ、ようこそ、「PLAYLAND」へ^^

     

     

    「PLAYLAND」が組み込まれているMOWプログラム

    記念すべき一期生募集中!

    7月中のお申し込みは早割特典つき!

     

     

    —————————————

     

    LINE@でやり取りしましょー^^

    ワールド全開の面白い世界に招待しますよー!

    詳細はコチラ

     

    —————————————

     

    ■サービスページはコチラ

    ■イベントページはコチラ

    ■プロフィールはコチラ

    ■お問い合わせはコチラ

  • 「ちゃんと」って何!?

    こんにちは^^
    山之内紳悟です。

     

    先日の記事を書きながら、フッと浮かんできたこと。

     

    そもそもどうして「盲信」できないのか。

    何が「盲信すること」の邪魔をしているのか。

     

    色々あると思いますけど、今回浮かんできたのは・・・

     

    ちゃんと魔人

     

    会ったことありますよね、ちゃんと魔人?

    えっ、ありますよね、あの有名なちゃんと魔人ですよ?

     

    ちゃんと♬ちゃんと♫ちゃんと♪

    ちゃんと♪ちゃんと♫ちゃんと♬

    ちゃんとま〜じ〜ん〜🎶

     

    やたらと「ちゃんと」を連呼して、「ちゃんと」を押しつけてくる「ちゃんと魔人」

    って言っても、実は相手は関係なくて、自分で自分の中に生み出してる「ちゃんと魔人」

    誰しもが会ったことあると思うんですよね。

     

     

    が、しかし、「ちゃんと魔人って誰なの!?」って話ですよ。

    会ったことあるかもしれないけど、実際に見たことないですよね。

    そ、空想上の生き物ってことです。

    つまり、「ちゃんとって何なの!?誰の基準なの!?」ってこと。

     

    ハッキリ言っちゃうと、「ちゃんと」なんてない!!!

     

    だけど、なぜかあたかも存在しているかのように、みんな使っちゃうんですよね。

    自分や周りに対して、「ちゃんと」を押しつける。

    で、その「ちゃんと」に乗っかろうとする。

    存在してないのに、乗っかろうとする・・・正に神業!

     

     

    でも、こどもの頃を思い出してほしい。

     

    「ちゃんと」なんて基準どこにもなかったんですよ。

    何せ言われたとしても、意味わかんないですからね。笑

    ただ自由に、もうのびのびと、’’やりたい’’にまっすぐ突き進んでた。

    むしろ止めてもガンガン突き進んでた。

    これぞ、猪突猛進。笑

     

     

    それから生きてきた中で、いつの間にか「ちゃんと魔人」と仲良くなっちゃってたわけです。

    結果、「本当はこうしたいんだ」という自分の本音や感覚が閉ざされていき、頭で考えるばかりで「正解」を追い求めるようになって「どうして良いかわからない」という。。。

     

    そりゃ、盲信できんわーーーーーー笑

     

    「わけもわからず、ただひたすらに信じる」って根拠がない分、結構感覚的な話ですからね。

    その辺が閉ざされていて、思考優位に陥っていると、「これが最高だ」と胸を張っては言えないですよね。

     

     

    ってなってきたこの辺で、「ちゃんと魔人」とお別れしたくなってませんか?

    でも、逆に、これだけ「ちゃんと魔人」を連呼してきたから、愛着も湧いてきましたか?笑

     

    せっかくなので、お別れする必要はないですよ。

    「ちゃんと魔人」もあなたの一部であることに違いはないので。

    別にそのままいてOKだし、共存すればOK。

    本当の意味で仲良くなっちゃえば良いのさ〜^^

     

    その上で、眠らせてしまった本音や感覚を取り戻すために、「こども心」を取り戻す。

    「こども心」を取り戻し、全開にすることで、ただ自由に、もうのびのびと、’’やりたい’’にまっすぐ突き進んでいける。

    それこそ、盲信して、熱中できる。

     

    こどものワガママっぷりとか半端ないでしょ。

    興味があれば誰が何と言おうと、「何で!?」ってところでも食いついてるでしょ。

    「ちゃんと」なんて微塵も気にしてないでしょ。

     

     

    「ちゃんと魔人」と手を取り合って、「こども心」を全開に。

    眠らせてるなんてもったいない、持ってるものを思いっきり解放しちゃえぃ!!!

     

     

    ということで、現在記念すべき一期生募集中!

    「こども心」を全開にして、’’やりたい’’を’’やってる’’にしていく

    MOWプログラム

     

    一緒に「こども心」を取り戻して、ビックリするくらい楽しい毎日にしちゃおう!

    7月中のお申し込みは早割特典あり!

     

     

    —————————————

     

    LINE@でやり取りしましょー^^

    ワールド全開の面白い世界に招待しますよー!

    詳細はコチラ

     

    —————————————

     

    ■サービスページはコチラ

    ■イベントページはコチラ

    ■プロフィールはコチラ

    ■お問い合わせはコチラ