「わからない」が口癖の人は変われない!?

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

「わからない」が口癖になっていませんか?

 

他人のことや自分以外のことで何か聞かれて、素直に「わからない」と答えるのは大事なことかもしれません。

ただ、自分と向き合っている時や自分がやろうとしていることに関して、「わからない」が口癖になっていると、いつまでたっても前に進めません。

 

「わからない」と言った途端、思考はそこでストップします。

その時点で、諦めたことを意味しているからです。

そして、この先もずっとその問題は解決されることはないでしょう。

 

 

「わからない」が口癖の人は、自分と向き合うのが苦手なのかもしれません。

ある一定のラインまでいくと、目を背ける。

本質的なものに手をかけようとすると、逃げる。

これを繰り返していると、ずっと同じ所に留まってしまいます。

仮に、「変わりたい」と言っていても、事あるごとに「わからない」と言っていたら、変化は訪れないということ。

 

 

「わからない」を「今、わかる」に転換して、もう一歩踏み込んでみてください。

同じことをやっていても、「わからない」と思ってやるのと、「今、わかる」と思ってやるのとでは本当に全然結果が変わってきます。

 

どんな問題に直面したとしても、全然わからない気がしたとしても、あなたは、「今、わかる

 

 

ただし、別に「わからない」と言うことが悪いと言っているわけではありません。

実は、「わかるタイミングまで待つ」ということも大切だったりします。

そうやってスペースを作ることで、今までわからなかったものがわかる形になり、そこにすっぽり入ってきたりします。

それに、どうしたってわからない時ってわからないもの。笑

 

ただ、それも「わかる」と信じていたから、手繰り寄せた結果、そのタイミングがくるというもの。

「わからない」と放棄するのではなく、「わからなくても良いけど、必要であれば、わかる時が必ずくる」というスタンスで。

 

 

ただし、あともう1点。

「必要であれば」って言いましたけど、要は、本当にわからなくて良いこともあります。笑

それは、そもそもあなたには必要のないものってこと。

気にしなくて良いってことなので、潔く、リリースしちゃってください。

それで大丈夫。

 

 

だから、あくまで「わからない」が口癖の人が変われないんじゃありません。

全てはあなたの在り方次第。

 

 

———

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの登録はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ