「羨ましい」って感じた時、あなたがやること。

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

「羨ましい」って感じることありませんか?

あの人が羨ましい
あの子が羨ましい

何で私は、、、
どうして僕は、、、

あーーー、良いなぁーーー、羨ましい、、、

 

誰しも、大なり小なり感じたことあると思います。

基本、ないものねだりしちゃう生き物ですから。

自分に「ない」ものが、他人に「ある」と欲しくなるんですよね。

そうやって「羨ましい」を埋めることで、「完璧」になろうとする。

でも、たとえどれだけ「羨ましい」を埋めることができたとしても、「完璧」は一向に訪れることなく、都度新しい「羨ましい」が生まれるだけです。

案外、気づいてる人は気づいてるんじゃないでしょうか。

だから、自分の「ある」ものにフォーカスして、「ある」ものを磨いていく。

「ない」ところは「ある」人の力を借りれば良いし、逆に「ない」人には「ある」力を発揮すれば良い。

 

 

と、ここまでは割と聞いたことあるんじゃないかと。

実は、ここからが今回の本題。

 

何がどう転んだとしても、あなたは「あなた」にしかなれません。

他の「誰か」には絶対になれません。

でも、「羨ましい」って感じて、そうなろうとするのは、「誰か」になろうとしているということ。

でも、絶対になれないわけだから、苦しいし、もっと言うと、仮にその「羨ましい」を手に入れることができたとしても、全然満たされることなく、もっと苦しくなる可能性もあります。

 

何よりこの時、あなたがあなたのことを羨ましがっています。

あなたは「あなた」にしかなれないから。

あなたは「あなた」であることが幸せだから。

 

どういうことかと言うと、あなたがあなたのことを羨ましがっているというのは、あなたの中にいるあなたが寂しがっているということ。

自分の中心からどんどん離れていこうとしているわけだから。

自分とつながっていることで、愛が溢れ、色んな感情が溢れてくるのに、そこを切り離し、「誰か」を求めているから。

 

あなたの中で、あなたが泣いてる。

そりゃ、寂しいし、苦しいに決まってる。

 

「羨ましい」から、苦しいんじゃない。

「誰か」になれないから、苦しいんじゃない。

「自分」とつながってないから、苦しい。

「自分」を置き去りにしてるから、苦しい。

 

あなたは、「あなた」を抱き締める。

「羨ましい」と感じた時こそ、「自分」に寄り添って。

 

そしたら、「羨ましい」とかその辺りの不安や焦り、苦しさとか気づいたらどうでもよくなってるんじゃないかな。

 

 

ただただ「自分」を愛そう。

 

 

—————————————

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの詳細はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

—————————————

 

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ