恥ずかしい時って自分を否定している時。だから、大事なのは許可すること。

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

恥ずかしい時(罪悪感を感じる時も)って自分を否定している時。

こんなもんじゃない
こんなの自分じゃない
こんなはずはない

ということで、「自分が思う自分」と「実際の自分」との間にギャップがある時、そこに対して「恥」を感じます。

 

だから、「恥超え」をする上で、大事なポイントは、「許可」すること。

 

そのまんまの「自分」、あるがままの「自分」

つまり、どれだけみっともなかろうが、情けなかろうが、カッコ悪かろうが、そして、どれだけ鈍臭かろうが、ダサかろうが、全然到達できてなかろうが、

「今」の「自分」を「許可」すること。

 

 

見栄やプライドに生きたって何も変わらない。

どんどん恥は大きくなっていくだけ。

 

弱いなら弱いで、それが「今」の「自分」。

それが駄目とか悪いとか決してそういう話ではなく、それが「今」の「自分」。

 

「自分」を「許可」できた時、新たな可能性の扉が開いていきます。

 

 

どうしても自分を認め、許すことができず、散々抵抗して、反発して、真っ向からぶつかっていったところから、ふと力を抜いて、あたかも降参するかのように、「今」のそのまんまの「自分」を許可した時、一気に目の前のことに集中できるようになる。

視界が開け、自分の現在地がわかるとともに、今やることが、ハッキリする。

そして、そこに集中できるから、自ずと結果もついてくる。

今まで恥を感じて、ストップしていたところに、まっすぐ思いっ切りトライしていけるようになる。

 

 

抗っている間は、どんどん恥が襲ってきます。

それでもカッコつけたがります。

その分葛藤も大きくなるでしょう。

 

でも、それも全て意味のあること。

散々抗い、向かっていった結果、手放しで許可できる時がやってきます。

思考の枠を飛び越えて、身体から許可できる時が。

 

その瞬間、「恥超え」は起こる。

すると、とんでもない感動とともに、今まで苦労していた壁を突破できる。

自分をストップさせてきたブレーキから足を外し、アクセル全開で進むことができる。

しかも、休みたい時は休めるように、ブレーキの存在を知っていながら。

 

 

ポイントは、「許可」すること。

「今」のそのまんまの「自分」を「許可」すること。

 

でも、すぐさま許可できなくても、焦る必要はありません。

散々反発したからこそ、わかることって必ずあるので。

それはそれで思いっ切り反発して、抵抗してみるのも1つの手です。

面白いですよ。笑

 

 

———

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの登録はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ