何かやるにしろ、何もやらないにしろ、飽きるまでいけば良い。

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

先日お届けした『自分を守るのは終わり。』以降、気づきの連続で、しっとり穏やかながら感激の日々を送ってます^^

また明日辺り自分の中では大きな発表があるので、お楽しみに^^笑

 

 

さてさて、その記事でも書いたんですけど、「何もやらない」をやってみたんですよ。

徹底的に。

 

逆に言うと、自分の本心から込み上げてくる「やりたい」に素直になってみたんですよ。

正直、「やらなきゃ」で動くことが多くなってるなって気づいたので。

 

で、もうこれでもかとダラダラしてやりましたよ。笑

ひたすらに寝て、漫画読んで、テレビ観て、ぼーっとして。

動きたくなったら身体動かして、家事して、運動して。

 

そしたら・・・

 

ものの見事に飽きてきて。笑

本当に飽きて、飽きて、飽きてきて。笑

何せ日中の移動距離がソファとその下に敷かれたラグの上だけとかの日もあって。笑

 

 

で、飽きてくると、純粋に「やりたい」って気持ちが大きくなってくるわけ。

それまで「やらなきゃ」で動いてたことも、仮に同じことやったとしても、「やりたい」ってなる。

 

結局、人は、「やらなきゃ」じゃ続かない。

「やりたい」が凄まじい原動力になる。

実際、その原動力の下、動き出したら、色々順調に自然と回り出したしね。

 

 

で、何が言いたいかって言うと、

飽きるまでいけば良い

ってこと。

 

何するにしても、今回みたいに何もしないにしても、飽きるまでいく。

そしたら、純粋なものが自然と溢れてくるから。

しかも、飽きるまでいくと、自然と次に進む扉が開いて、道も見えてくるから。

 

結局、執着とかもまだまだ飽きてないから、執着するわけで。

中途半端なところで、中途半端な感じで繰り返してるから、飽きない。

変な話、飽きるまでは極端で良い。

飽きたら、むしろポイッて手放したくなるもの。

「一皮剥ける」って言葉あるけど、「飽きるまでいったから、もう次の自分になった」って感じなんやないかな。

 

 

とは言え、途中でおそらく思考が邪魔してくる。

特に、今回は、「休む」ことにしてたからこそ、

「こんなことしてて良いのかな」とか
「今日1日中ゴロゴロしてたけど、大丈夫かな」とか
「他の人はこの間にめっちゃやってるかも」とか

焦りを感じたり、罪悪感を感じたり、色んな角度から思考が邪魔してくる。

 

でも、そこでまた何かやっちゃったら、「やらなきゃ」で動いたことになる。

だから、動かない。

余計な思考は、自分が生み出してるだけやから、全てスルー。

ってか、こんな思い込み抱えて生きてたんやなって観察。

動きそうになるけど、純粋な気持ちが出てくるまでは頑として動かない。笑

 

 

大丈夫。

心配したことは基本的に起こらない。

し、起きたとしても、大したことない。

飽きるまでいく。

 

飽きたら、勝手に次のステージにいるから。

溜まってたものも出ちゃってるから、全然見える景色違うし。

 

だから、やるにしろ、やらないにしろ、飽きるまで徹底的に貫いてもらえればなと。

飽きたら、サクッと次いっちゃえば良いから。

 

 

それにしても、今回飽きるまでいって、内側から純粋に想いが溢れてきて、何かそれまで無性に満たされてないような感覚があったこともあったけど、その辺もようやく満たされて、本当に毎日心地良く過ごしてるよー^^

この気持ちの良い世界に早く来るのだー笑

 

よし、飽きるまでいっちゃえ^^

 

 

———

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの登録はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ