ビジョンを描くのが正解というわけではない。

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

昨日の記事で、お台場で振り返りをしたことを書きました。

そこで、もう1つ気づいたことがあります。

どんな時も「今」を大事に生きてます、僕。

後先考えず、「今」どうしたいか。
「今」大事にしたいものは何か。
その価値観を満たすために、全力でやっているか。

 

で、思い出した大事なこと。

この世には、ビジョン型と価値観型があります。

これまで3万人以上の人にコーチングをしてきた平本あきおさんが、8割以上の人は価値観型だと言っていました。

にも関わらず、巷で流行っている成功者の書籍やセミナーでは、ビジョン型を推進してばかり。

だから、ほとんどの人がなかなかうまくいかないんです。

 

ビジョン型は、実現したいビジョンを明確に描きます。

 

24594264

 

キラキラ輝く目的地を目指すために、そこから逆算してやることを明確にしていき、今やることまで落とし込みます。

このやり方でうまくいく人は、これでガンガン進んでいけばOKです。

 

 

一方、価値観型は、大事にしたい価値観を今から大事にしていきます。

 

lgf01a201310100600

 

常に足下を見つめながら、自分にとって本当に大事にしたい価値観は何か。
それを満たすために、今全力で取り組むことは何か。

こういうイメージで日々生きています。

 

 

双方共に、「今」を大事にするのですが、

未来から逆算して、「今」を生きるのか
大事な価値観を満たすために、「今」を生きるのか

で異なっています。

 

社会の風潮として、ビジョン型が当たり前かのようにされてますけど、先程も言ったように、8割の人は価値観型なんですよね。

周りに流されるのではなく、自分自身の魅力を発揮できる方を、つまりどうしたいかで選択するのが良いんじゃないでしょうか。

ちなみに、価値観型の人は、価値観型の生き方の方が結果的にうまくいくみたいですよ^^

 

 

———

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの登録はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ