こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

今回は、H.Nさんがセッションを受けて、アンケートに答えてくれました。

ありがとうございます^^

 

———

Before

なんだかモヤモヤしている。
新たな挑戦を始めようとしているけど、なんだか躊躇しているのか、進んでいない感じ。

 

After

モヤモヤが晴れた。
前に進めそう、進めるな、という気持ちになれた!

 

Q.これからの人生、毎日がどう良くなりそうか?

心からやりたい仕事をスタートできそう!

 

Q.どうして山之内 紳悟のセッションを受けようと思ったか?

新たな挑戦を始めようと思っていたけど、なんだか躊躇していた。Webを見て、セッションを受けたら一歩踏み出せそうな気がした。

 

Q.山之内 紳悟はどういう人か?

いい意味でキラキラしすぎてない。
フランクな人。

 

Q.どういう人に薦めたいか?

なんかモヤモヤしてるな、という人。
挑戦したいけどできてないな、という人。

———

 

「新たな挑戦を始めたい!」
「やりたいことがある!」

のに、何か進めない。

そんな時は、何かしら「躊躇させるつっかえ棒」があります。

 

そのつっかえ棒の正体は人それぞれ違いますが、彼女の場合は、「やりたくて始めたんだから、今やらなきゃいけないんじゃないか(でも、実はちょうど他に優先的に今やりたいことがあって、それと同時並行に進めるのは正直キツいんじゃないかな)」ということでストップしていました。

この( )の中身が、本心なんだけど自分1人だと気づけていなかったわけです。

でも、既にヒントはあるんです。

「やらなきゃいけないんじゃないか」ってことは、心から「やりたい」ってわけじゃないですよね。

「〜しなきゃいけない」ってなってる時点で、どこか他者の基準に当てはめたある種義務感のようなものを感じています。

 

 

人は、本来自分に嘘をつくことができません。

嘘をつくと、心身ともにすり減っていきます。

だから、それを防ぐために、本心と違ったら行動させないようにしてくるわけです。

つまり、無意識レベルで、本心に従わせようとしてくるわけです。

でも、それは頭の中でも同じようになってるわけじゃないから、葛藤するし、悩むんですよね。

頭の中では、「動きたいのに動けない、何で!?」ってなってるわけですから。

 

でも、それは動けないのが駄目とかって話じゃありません。

むしろ自分で自分を助けてあげてるんです。

だから、「ありがとう」という気持ちで、自分の本心に寄り添ってあげてほしい。

それからどうするかを改めて決めても、遅くないから。

 

 

彼女は、その気持ちに気づいて、改めて「できることは少しずつでも進めながら、今は優先的にやりたいことがあるから、それが終わるまでは後回しにする」ことを決めました。

彼女の場合は、優先的に今やりたいことが終わるまでの期限が決まっていたのも大きかったかもしれませんね。

こうして決めることができると、つっかえ棒が外れて、心身ともに軽くなり、気持ち良くやりたいことに集中できます。

悩んでるとどれも中途半端になっちゃいますからね。

その後、楽しくやれているということで何よりです^^

 

 

受けてくれたのはコチラ

 

 

———

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの登録はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ

case

受講者の声

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

やりたくて始めたのに、何か躊躇してるのか、進めてない感じがする。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

人の言動に対して反応してしまっていたけど、そもそも反応しても良い。むしろそれで自分の大切なものがわかる。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

「自分の名前で仕事が来るような人になる」と決めたところで、見えてきた苦手意識もクリアにしてもらっちゃいました。これで進んでいける。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

「全ての人に好かれたい」は、そもそも矛盾してる。