こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

体験セッションを受けてくれたクライアントさんが、アンケートに答えてくれました。

ありがとうございます^^

 

———

Before

自分に◯が出せない状態。
人と自分を比較してしまう。
できないことを悪いことだと思う。

 

After

できないということは、できないことによって自分がメリットを感じている状態だと気づく。
仕事ができるできないで人を見ていたことに気づき、その人間関係を築いていきたいかというとそうではないと気づいた。

 

Q.これからの人生、毎日がどう良くなりそうか?

「人間の能力的にできないことはない」というお話を聞いて、今できないことはできないふりをしているだけなのかもしれないと思った。
今できないと思っていることでも、意外とすぐできるようになるかもしれないと思った。

 

Q.どうして山之内紳悟のセッションを受けようと思ったか?

メルマガ、FBの記事に共感したから。興味を持ったから。

 

Q.山之内紳悟はどういう人か?

笑って話を聞いてくれる。
人の話の視界を広げてくれる方だと感じました。

 

Q.どういう人に薦めたいか?

何かを「できない」と悩んで、自分を苦しめている人に薦めたいと思いました。
毎日何かに悩んでいて苦しい人に薦めたいです。

———

 

自分に◯が出せなくて、周りと比較して、更に自分に◯が出せなくて、どんどん自分を責めては苦しくなる毎日を送っていたクライアントさん。

やってもやっても、できないことが山のようにあり、全然自分を認めることができない毎日を送っていたクライアントさん。

 

でも、別に悪いことなんて1つもこの世にはないんですよね。

だから、できないことがあっても良いし、自分を責める必要もない。

それから、最初は自分に◯が出せなくたって良い。

 

そもそも実は、できるようになりたいと思っていても、できないのであれば、それは「できない」ことによって、「できる」こと以上に得られるものがあるということ。

安心感や自分の可能性を守ることなど、色々考えられるけれども、そこにすら悪いことなんて1つもありません。

ただ、「できない」ことを素直に認めて、「できない」自分にも◯を出す。

だって、良い・悪いはないわけだから、「できない」自分でも全然◯だから。

 

その上で、本当はどうしたいのか。

本当は何を望んでいるのか。

 

 

実は、「できない」のって「やる必要がない」だけかもしれません。

あなたが本当にやることは他のことだと教えてくれているだけかもしれません。

 

その「本物の望み」が、全てに◯を出せた時に、見えてきます。

だから、そこがスタート。

 

あなたがどんな状況だろうと、どんな状態だろうと、何も悪いことなんてない。

どんな自分にもまるっと◯を出しちゃってくださいね^^
(◯を出せない自分にも◯を出すってこと)

 

そうして、彼女の「本物の望み」への一歩がスタートしました。

 

 

受けてくれたのはコチラ

 

 

———

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの登録はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ

case

受講者の声

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

「みんなできてるから」苦手なことにもチャレンジしてたけど、何でも自分でやろうとしてただけだな。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

やりたい気持ちがいくら強くても頑張れなかったけど、、、まさかそういうことだったのか。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

「本当にこれで良いのかな」という先々への不安に揺さぶられて、決断できません。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

これでいいんだと自信に溢れ、抵抗感なく、心置きなく本音を人に話せるようになる。