こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

体験セッションを受けてくれた大滝文一さんが、アンケートに答えてくれました。

ありがとうございます^^

 

———

Before

頭を使いすぎて、グルグル
違和感を感じながらも抜けられず

 

After

グルグルしていたのがほどけた感じ
淀んだ水流に流されていたけど、サーッと開けた湖畔のようなイメージ

 

Q.これからの人生、毎日がどう良くなりそうか?

「腹に落ちる」感覚を大切に生きられるようになりそう。

 

Q.どうして山之内紳悟のセッションを受けようと思ったか?

受けてみたい自分がいたから。

 

Q.山之内紳悟はどういう人か?

遊覧船のような人。
無理やりでなく、描く景色を一緒に楽しんでくれ、連れて行って帰ってきてくれる。

 

Q.どういう人に薦めたいか?

頭で考えるのに疲れてきた人。

———

 

アンケートの回答を見てもわかるように、かなり感覚タイプのクライアントさん。

僕のセッションは、「本当は感覚タイプなのに、頭を使いすぎている人」に人気です。

 

今回も、本当は感覚タイプなのに、どうしても頭を使いすぎていて、グルグルと迷路にハマっていました。

なので、何かやりたいって思っても、すぐに考えすぎて、結局行動できずにどんどんモヤモヤが溜まるということもしばしば。

 

ということで、頭ではなく、身体の声を聴くポイントをお伝えしたところ、

自分の言っていることが、上辺で言っていることなのか、本当に内側の腹から生まれたものなのか見極められるようになりました。

 

 

元々、魂に生きることを大切にしている彼。

自我を越えた使命に生きていきたいと思っている彼。

あとは素直にそう生きていくと決めるだけでした。

そのために、「腹に落ちる」感覚を大切に生きられるようになることは欠かせませんよね。

 

 

セッション後、早速腹の声を聞いて、動き始めました。

今まではすぐに頭で色々考えて頓挫してしまっていたところ、現実世界でアウトプットしたことは大きな一歩ですね。

そんな彼のチャレンジ「あなたの一冊を教えてほしい」そうです。

それにしても、面白いこと始めましたね。

知らない人からでももちろんOKなので、是非本を紹介してあげてください。

 

 

受けてくれたのはコチラ

 

 

———

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの登録はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ

case

受講者の声

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

やりたくて始めたのに、何か躊躇してるのか、進めてない感じがする。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

人の言動に対して反応してしまっていたけど、そもそも反応しても良い。むしろそれで自分の大切なものがわかる。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

「自分の名前で仕事が来るような人になる」と決めたところで、見えてきた苦手意識もクリアにしてもらっちゃいました。これで進んでいける。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

「全ての人に好かれたい」は、そもそも矛盾してる。