こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

以前継続セッションを受けてくれていたK.Yさんが、改めてセッションを受けて、アンケートに答えてくれました。

ありがとうございます^^

 

———

Before

・自分のなかで迷いなく決断できてはいるけど、その決断についてどう思うのか聞いてみたい
・にしても、この決断をどうあの人に伝えようか・・・

 

After

・この決断でいいんだ(この決断を受け入れることができた)
・こうすれば、自他を大切にしつつ伝えられそう!(どうすればいいかわかった)

 

Q.これからの人生、毎日がどう良くなりそうか?

改めてのびのびと、エネルギッシュにやっていけそう!

 

Q.どうして山之内 紳悟のセッションを受けようと思ったか?

・相談したい事柄について話しやすいと思ったから
・モニター募集ということで、面白そうと思ったから

 

Q.山之内 紳悟はどういう人か?

聞いてくれつつ、こちらの望む未来に引っ張っていってくれる人

 

Q.どういう人に薦めたいか?

・何かに迷いがある人
・確信はあるけど、何となく安心できず、確信を深めたい人

———

 

「決断」って最終的には確かに自分で決めるもの。

でも、そうは言ってもなかなか決めきれなかったり、本当にこれで良いのかなって気になったりしますよね。

自分で決めなきゃいけないってわかってるけど、自分1人じゃどうしても決めきれないみたいな。

だから、「決断」のタイミングで、セッションを受ける人は本当に多い。

 

そして、更に今回は、「その決断をどうやって相手に伝えるか」というのもテーマでした。

たとえ自分の中で完結してたとしても、そこに他者も関わってくると、また少し様子が変わってきますよね。

できることなら、関わる人みんなが気持ち良い形になるのを望んでいると思いますし。

 

そんな中で、セッションを通して、もう1度そこに至るまでのプロセスの要素を1つ1つ洗い出して、更には決断後に広がっていく本当に望む未来もありありと描いていきました。

「自分自身の立場」からどう感じるのかを大切にしながら、相手やその周りの人、更には所属している環境など、「関係している他者の立場」からはどう感じるかもリアルにしていく。

そうすると、他者も含めた上で、「自分にとっての大切なこと」が出てくるから、自分も、周りも幸せな形を見つけていくことができる。

結果、”確信度”が高まることで、来た時より遥かにしっくり感のある決断をすることができるわけです。

もちろんその最終的な決断に対して、背中も押しますしね。

 

そして、どのように伝えるか。

自分の伝えたいことは何か。

それを伝えられた方はどんな気持ちになるのか。

本当はお互いに何を望んでいるのか。

こういったことを色んな角度から深めていって、最終的に彼は「これでいく!大丈夫!」という確信を持つことができました。

 

その後、もちろん完全にイメージしたまんまとはいかなかったものの、実際に伝えることができたようで、また新たな一歩を踏み出し始めたようです。

良かった、良かった^^

 

 

自分も大切にしながら、周りも大切にする。

一見すると、その決断は相手とのお別れを意味したり、結局こっちの自分勝手なことだったりするかもしれません。

そもそも”断つ”を”決める”って言われてるくらいですから。

でも、そういった”愛”を持った決断は、ゆくゆくお互いにとってハッピーなものになると僕は信じています。

今回も、この決断を力に変えて、ここからまた強く歩んでいってもらえたらなと思います。

 

 

受けてくれたのはコチラ

 

 

———

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの登録はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ

case

受講者の声

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

「全ての人に好かれたい」は、そもそも矛盾してる。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

社会における立場や役割、期待される姿に首を絞められている自分の状況から一生逃げられないと思っていたけど、ただ自分の考え方が自分を苦しめているだけだと気づき、現在の状況の中でも自分なりに自由に生きていくことができそう!

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

目標達成や忙しさ、現状に追われて焦ってたけど、、、

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

苦手意識以前に、場数はそもそも足りてますか?