【起業事例紹介】不調克服×アロマ起業

Authentique(オーセンティーク)
坂咲 ユキ子 さんのお話

 

今回は、『自分と向き合う×アロマ起業』というテーマで、
en familleの起業コンサルを受講している 坂咲ユキ子さん
山之内郁のアシスタントがお話を伺いました!

 

 

世界中でたった一人の自分を、大切にしてほしい!

—ユキ子さんは、どんな想いでスクールをやっていますか?

私は、幼い頃から自分自身を卑下したり、否定したりで、長い間こころやからだに不調があったんです。ずっと苦しくて、でも自分でどうにかするということができず、不調が不調を呼び……という状態で20年以上生きてきました。
でも、「変わろう!」と決めて、アロマでのケアを始めました。そして今では不調もほとんどなく、健やかな状態で過ごせるようになり、本当の自分に立ち返ることができました占星術を学んだこともあり、自分自身や自分の人生について受け入れられるようになってきたんです。
なので、同じようにこころやからだに不調があり、苦しんでいる人に対してサポートしたいと思っています。

 

—占星術も学ばれたんですね。

はい。占星術を学んで、誰一人同じ人はいなくて、人は皆、世界中でたった一人だということを肌で感じました。だから、もっと自分自身を大切にしてほしいし、自分を好きでいてほしい、自分の人生を楽しんでほしい、自分の個性を大事にしてほしい、という想いが私の活動の根底にはあります。

 

 

占星術のセッションやレッスンもしているユキ子さん。

お花も好きで、新月や満月には星座に合わせてお花を束ねたりもするそう。

 

 

検定に合格しても、根本的なことはわからなかった

—アロマはいつ頃から学び始めましたか?

最初に精油を買って、香りを楽しんで、というのは2014年頃。精神内科に通っている頃ですね。そこから、他協会の検定試験を受けて、1級までは合格したんです。
ただ、SNSを見ると「簡単に合格した」と言う人がいたり、合格率が高いこと、嗅ぎ比べの問題が簡単すぎることなどに、少し疑問を持っていて……。「精油の成分が人に影響を与えるのに、こんなに簡単な試験でいいのかな?」と思ったんです。もしかしたら、またその先に道があるのかもしれないけど、当時の私は独学だったのでクラフトも作れませんでした。資格を持っていても、アロマの根本的なことは何もわからなかったんです。

 

—その後、郁さんと出会ったんですね。

はい。知り合いが郁さんの教室で学んでいるのをSNSで見たのがきっかけです。ちょうど、誰かのところで勉強したいなと思っていたし、投稿を見て「ここだ!」という感覚があったので、通うことに決めました。今では、郁さんが出しているレッスンはほとんど制覇しています(笑)

 

 

『心のほぐし屋さん』になりたい

—アロマをお仕事にしようと思ったきっかけはありますか?

きっかけは、知り合いから「地域のイベントに出店してみない?」と声かけてもらったことでした。ちょうどフランス式アロマテラピーのプランナーの資格を取った頃で、まだまだお仕事としては考えてませんでした。でもせっかく声をかけてもらったので、出店してみたんです。

 

—もともと起業に興味はあったんですか?

自身の経験もあり、小さい頃から「心のほぐし屋さん」になりたいと思っていました。でも、現実的に何をしたらいいかわからないし、具体的な職業とは結びつけられませんでした。
でも、イベントに出店してから、友達から「アロマやってるんだね」と言われるようになったんです。「自分の経験が誰かの役に立てばいいな」と、その頃はまだ、誰かを「応援したい」というレベルでした。

 

—お仕事というより、最初は趣味感覚?

そうですね。人の役に立てるし、お小遣いにもなるし、という感覚でした。アロマについては資格も取ったし、自分で勉強もして実践も積み重ねてきましたが、お仕事に関しての知識やノウハウはなくて、何もわからない状態ですし……。この頃はアロマに興味のある友達にレッスンをするくらいでした。

 

 

コンサルを受けて、少しずつ意識が変わっていった

—そこから、どうお仕事へと意識が変わっていきましたか?

郁さんのコンサルを受けるようになってから、少しずつ変わっていったように思います。それこそ最初は、「もう少しうまくやるための知識」が欲しいという感覚で受けていました。でも、コンサルを継続して受けるうちに、「心のほぐし屋さん」ではないな、と思い始めたんです。
「応援したい」ではなく、「きちんとサポートしたい」「幸せに導いていきたい」という意識になっていって、そこからだんだんと、少しずつ、「お仕事」「起業」という感覚になっていきました。

 

—そもそも「起業」に対するイメージとは?

「起業」というと、会社でバリバリ働いていた人が独立して何かを始めたり、大金を投資して、とか。とにかく「私とは違うすごい人たち」がやるという感覚です。だから、私とはほど遠いものだと思っていました。だから、「いやいや私が起業なんて……」みたいな。

 

—実際に起業してみて、いかがですか?

郁さんのところでコンサルを受けて、自分と向き合いながら、自分のペースで進められるようになっていきました。今では、起業は誰でもしていいものだし、「誰かを幸せにしたい」「よくしていきたい」という気持ちがあれば始められると思いました。むしろ、ちょっとでもその気持ちがあるなら、やったほうがいいなと。そのほうが、より多くの人を幸せに導けるし、自分も成長できます。そしてそれは、決して「特別なこと」ではないと思います。

 

 

ユキ子さんの意識が少しずつ変わっていったコンサル。

そんなコンサルメンバーとのお食事会、ユキ子さんの手料理でおもてなし。

 

 

起業は客観的な視点も大事

—やはり、コンサルを受けることは大切だと思いますか?

私は自分を律していくということがとても苦手で。やらなくちゃいけないことに対してなかなか思うように動けないこともあり、苦しむことも多くありました。でも、そういう時に、師匠である郁さんにサポートしていただいたり、的確なアドバイスをいただけたりメンバーと喜びを共有したり、そういうことで一つずつ乗り越えられてきました。とてもいい環境で学べているなと実感しています。
コンサルをしている側にもいろいろなタイプの人がいると思うけど、私は郁さんのもとでコンサルを受けていてよかったなと思います。

 

—師匠、そして仲間の存在が大きかったんですね。

みんな個性的で性格も違うけど、一人ひとりが素晴らしいということが前提にあって、それを理解していて、素晴らしいねと言い合える。そんな環境だからこそ、安心して頑張れるし、身を置けているなと思います。
起業のやり方も時代によって変わっていくし、客観的な視点というのも大事なので、そういう点でもひとりじゃなくてよかったなと感じます。

 

—最後に、今後の理想はありますか?

30代になって、いろいろ考えますが……。私はこの数年でとても状況が変わって。それまでの自分だったら、全く思い描いていないような人生を送ることができています。だから、35歳の自分は、今の状況からは全く想像できない姿になっているかもな、と思います。
まずは3年後には、今よりもっと自信を持って、自分の仕事や自分自身にも誇りを持って、多くの人をもっともっと幸せにするための何かをやっているんじゃないかなと思います。
そして、人間として、女性として、魅力のある存在になっていたいですね。
起業家…なんですかね、私も(笑) 起業家としても、今想像していないくらいに展開していきたいです。

 

 

—ユキ子さん、ありがとうございました。

 

 

⚘坂咲ユキ子さんをもっと知るにはこちらから⚘

Instagram

Ameba Blog

 

 

================

 

「幸せバランス起業家」育成プロジェクトスタート!

 

長く安定的に自分でビジネスをしていくために
「自分に合ったバランス」の取れたビジネスができる方

=「幸せバランス起業家」

を育成するプロジェクト!

「ビジネスモデル」「人間関係」「経済」
「健康」「マインド」
の5つのカテゴリーで音声やコラム、
無料セミナーなどをお届けします!

 

LINE登録
「幸せバランス起業」的子育てと仕事の両立のヒミツ
無料音声をプレゼント

2人の子供を妊娠・出産・子育てしながら
大好きな仕事も思いっきり楽しめた時間の使い方を公開しています!

無料音声はコチラから!

 

================

Voice

en famille

en famille 起業コンサル

【起業事例紹介】アロマ初心者×子育て×アロマ起業

en famille

en famille 起業コンサル

【起業事例紹介】他協会×子育て×アロマ起業

en famille

en famille 起業コンサル

【起業事例紹介】専門職×アロマ起業

en famille

en famille 起業コンサル

【起業事例紹介】会社員×アロマ起業