山之内 紳悟

Shingo Yamanouchi

初めまして^^
山之内紳悟です。

趣味:奥さん/息子/自己表現/漫画/スポーツ/イタズラ/アート/コーヒー/ドライブ

性格・特徴:笑顔大好き/目の前の人の秘めているものがハジケる瞬間がたまらない/とにかく自由でいたい/どんどん子どもに近づいてる/自分大好きで愛に溢れてる/独特の空気感を醸し出すスペシャルマイペース/慣れるまで実は人見知り/あらゆることに敏感に反応する程の豊かな感性の持ち主/脱力ゆるゆる系内面情熱家/遊び心満載/感覚・センスタイプ/個性的/天邪鬼

太陽星座:蟹座/月星座:水瓶座

血液型:A型

 

 

簡単な経歴

 

1989年6月23日、愛媛県今治市で、3人兄弟の長男(下に妹、弟)として誕生

幼少期は、色んな習い事にチャレンジもしながら、とにかく外で遊んで、のびのび生きる

中学、高校と親との距離感に戸惑いを覚え、「THE 思春期」を過ごすとともに、「恋愛」と「部活」に全力で明け暮れる日々

プライドで志望校を決めて臨んだ受験は、儚くも散ってしまい、大阪で1年間の浪人生活

その後、横浜国立大学に入学し、横浜での生活をスタート

大学4年時の2013年2月1日、【のびのび生きる人でいっぱいにする】と思い立ち、株式会社 Life Missionを設立

コーチングでスタートし、そこから1年程で、潜在意識や身体のこと、マインドフルネスやスピリチュアルなど、「自己実現」「自己解放」「自己表現」のためのあらゆる要素を加えたオリジナルセッションを提供するに至る

北海道から沖縄、海外在住の方まで、1,000件以上の相談案件に乗るとともに、クライアントさんの内側からの本質的な変化に寄り添うために、メンタル・マインド面のサポートに力を入れる

また、リトリートなどの合宿プログラムも随時開催

その後、自身の結婚(2015年2月6日)、奥さんの出産(2017年10月23日)、そして初めての子育てを経て、夫婦や家族向けにもサービスを展開

そうして、様々なことを学び、実践を通して深めながら、6年以上かけて「コミュニケーション」領域に精通

現在は、『’’この’’人生を、味わい尽くそう。』というコアメッセージを掲げ、「非言語(存在・アート・自然)」×「言語」を用いて、対話コミュニケーションをもたらすことで、【大人が子どもへと還る】仕事をしている

’’この’’自分を、’’この’’今を、まるごと愛して、思いっきり楽しめるように、そういった「可能性の扉」を開くことができるように、サービスをお届け

自他ともに認める愛妻家であり、子どもが産まれてからは積極的に育児にも関わりながら、親バカっぷりも丸出し

 

(息子が生後3ヶ月くらいの時)

 

 

現在の仕事に至った経緯と想い

 

今ではなかなか信じてもらえないことが増えたんですけど、元々「恥ずかしがり」「緊張しい」「人見知り」という三種の神器を兼ね備えていた僕。

そこに「多汗症」が加わり、思春期の頃から「自己表現」や「人との距離感」に対して、特別苦手意識を持っていました。

失敗したくない
嫌われたくない
傷つきたくない

という思いが強く、’’他者との関係性’’において、日々後悔の連続。

何回、「あ〜こうすれば良かった〜><」って思ったでしょう。笑

 

それでいて更に厄介だったのが、面倒なことにカッコつけだったんですよね。

それがより一層先程の思いに磨きをかけるとともに、自分の受け入れられないところや見たくないところから目を背けることが癖になっていました。

そんな中、実は感性が豊かだったんですよね(今となってはかなり強み)。

要は、俗に言う’’感覚タイプ’’だったわけですが、だから、基本的には言語化が苦手。

ここで丁寧に言語化していれば楽になれたし、ますます感性が輝いたんでしょうけど、目を背けることが癖になっていたこともあり、せっかくキャッチしたものや言いたいこと、表現したいことが何か湧き出てきても、そこから深めようとせず。

結果、

一体自分は何が言いたいんだろう
どう伝えれば相手に伝わるんだろう
どんな風に表現したら良いんだろう

とこれまた悶々とする日々の連続。

’’自身との関係性’’においても、苦戦していました。

 

おかげで、ずっと、、、本当にずっと、、、

もどかしい
何とかしたい
次こそは

 

でも、、、

というループを繰り返していました。

 

 

そんな中、、、

 

衝撃的で、感動的なことが起きました!!!

 

 

詳しくはコチラを読んでもらうとして、相手の関わりによって、一気に自分の内側が変革したんですよね。

ずっと抱いていた思いがまるっとクリアになった体験でした。

関わり1つで、こんなにも自分の本音に気づけるのか、こんなにも自由に表現できるのか
あれほど悩んで、もがき続けてたのに、マジか

と、とにかく「こんなことってあるんだ」って身体中震えたのを今でも覚えています。

 

もっと言うと、この経験のおかげで、

コミュニケーションによって、人の可能性は花開くんだ

って確信した瞬間でもありました。

 

 

DSC_0669

 

 

この確信から、僕の’’コミュニケーション’’への探求の道が始まったわけです。

それ以降、ますますのめり込んでいき、単なる「話す」「聴く」といったことだけではなく、「非言語」「言語」とらわれず、むしろ掛け合わせることで、様々な形で対話コミュニケーションをもたらしています。

(以前開催した「恥超え」をテーマにした合宿なんて正にそんな感じでした)

 

 

コミュニケーションと聞くと、以前は’’他者との関係性’’においてもたらされるものだと思っていましたが、自らの経験からも気づいたように、’’自身との関係性’’においても非常に重要なものです。

むしろ他者との関係性の中で、自身との対話を深め、’’自分’’を知り、それをまた他者との間柄において、自己表現していく。

だから、僕は、’’コミュニケーション’’は’’自己表現’’へとつながっていくものだと思っています。

 

 

 

 

コミュニケーションの可能性が、そのまんま人の可能性につながっていく。

そうして、目の前の人からどんどんコミュニケーションが広がっていき、それぞれの人の魅力や可能性がどんどん広がっていくと最高だなぁ〜と思って、今日もせっせとやっておるわけです。

 

僕との関わりを通して、

・抱えているものが軽くなり、心身ともに軽くなったり
・縛られていた常識や思い込みにとらわれなくなったり
・色々ある中でも自分や現実を受け入れながら前に進み始めたり
・とにかく自分の可能性にトライするようになったり
・そのための勇気を手にしてもらったり

そうした結果、それまで自分で自分に対してブレーキや制限をかけていたのに、まるで’’子ども’’のように、’’のびのび’’’’自然体’’で生きられるようになる。

だから、僕は、【大人が子どもへと還る】仕事をしていると表現しています。

我ながら、面白い仕事をしてるなぁ〜とふと思うものです。

 

 

ってな感じで、サービス自体に興味がある人、山之内紳悟に興味がある人、想いに共感して話聞いてみたい、一緒に何かやりたいって思った人・・・っていうか理由なんて何でも良いから、何か面白そうって思った人は、気軽に連絡してくださーい^^

お会いできる日を楽しみにしてます^^

 

 

———

 

直接情報等を受け取れて、気軽にやり取りもできるように

メルマガLINE@もやってます!

ここでしか話せないようなことも!?笑

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■お問い合わせはコチラ