価格ってどうやって決めれば良いの?

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

価格ってどうやって決めれば良いの?

自分のサービスに価格つけるのって勇気いるし
相場くらいに設定しておけば良いのかな
高い価格にしちゃうと、人来てくれない気がするから、安くした方が良いかな
でも、安すぎるとプロとして信頼してもらえないのかな

一体どうやって決めれば良いのー?

 

l_056

 

という相談をよく受けます。

確かに、価格って決めるの勇気入りますし、結構難しいですよね。

 

実際のところいくらに設定しても良いんです。

あなたが1,000円だと思っていても、相手は10,000円だと思う人もいれば、100円だと思う人もいます。

要は、感じ方は人それぞれなので、いくらでも良いということなんです。

たまに、ターゲットに合わせた方が良いのかという相談もありますけど、それは結局あなたの幸せにはつながらないし、長続きしなくなるのでオススメはしません。

 

 

そこで、大事にしてほしいのが以前の記事で書いたあなた自身が実現したいライフスタイル

そのライフスタイルを実現するために、どれくらいのクライアントさんがいて、価格はどれくらいが良いのか。

これを仮で良いので、出してみてください。

 

で、大事なのはここから。

もちろんその価格をベースに、どうすればできるか考えていってほしいんですけど、もしかしたらいきなりこの価格はさすがに無理だわーってなることもあると思います。

そんな時は、そこに近づいていくために今はいくらが良いのか
自信を持って言える価格はいくらか
仮に、自分がこのサービスを利用するとしたら、いくらまで払えるのか

これらの視点を統合して、決めていくと良いですよ。

決めたら、それを実現するために、あとはやるだけです。

 

注意してほしいのは、あなたのサービスに対する想いは確実に相手に伝わります。

価格に対して迷いがあれば、それは自信がないのかなと印象を与えてしまいます。

また、この迷いは価格設定が高くても安くても生じます。

高いとこれで大丈夫かなって思ったり、安いとこんなもんじゃないけど仕方ないかなって思ったり。

あなたがしっくりくるポイントが必ずあるので、高い・安いの基準は一旦置いておいて、いくらで提供するのがベストか探ってみてください。

 

あ、ちなみに、思ってるより少し高めくらいに設定すると、それに見合った自分を追いかけていけるので、オススメですよ^^

 

 

———

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの登録はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ