言葉にする際、いかに「今この瞬間」の「リアル」を伝えるか。

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

言葉にする際、いかに「リアル」を伝えるか。

こればかり最近は考えています。

「リアル」の波動が最も相手に響きますからね。

 

僕の場合、「あ、これ書きたい」ってポンっとテーマが閃いた時、「あれも書きたい」「これも書こう」と中身まで一気に書くことが流れてきます。

でも、それをすぐそのまま書けるタイミングなら良いですけど、全部が全部そうはいきません。

そんな時は、後から同じテーマを書くとしても、その時感じたことはあまり思い出さずに、その瞬間改めて感じていることにフォーカスを当てています。

そして、「リアル」に流れてきたものを出す。

 

こうするようにしてから、明らかに相手の反応が変わりました。

「リアル」の波動が相手に「リアル」に響いているんでしょう。

 

正直、その時感じたことから抜け漏れは結構あります。

でも、色褪せたものを追いかけても、色褪せた結果にしかならないんですよね。

「今この瞬間」の「リアル」をいかに届けるか。

それが、相手の魂を揺さぶります。

 

是非「リアル」を大切にしてみてください。

このスタイルにすると、書くことも湯水の如く溢れてくるので、毎日ブログやメルマガを書いている人も困りませんよー!

 

 

———

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの登録はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ