息子が教えてくれた僕のやりたいこと。”純粋性”を守り、輝かせる。

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

今日で11月も終わり。

いよいよ今年も残り1ヶ月、平成最後の師走を迎えます。

来年へとバトンを繋いでいけるよう、走りきりましょー!

 

 

さて、今月の頭に先月お届けしていたモニターに関する終了のお知らせとお礼に関する記事を書きました。

あれから1ヶ月、どういった形でお届けしようか練りに練っておりました。

その度に、目に留まる息子。

練ろうとすれば練ろうとするほど、目に留まる息子。

これは息子からの何かしらのメッセージがあるなと。

 

彼は、本当にピュアで、愛情に溢れていて、”純粋性”そのもの。

笑いたいから笑い、泣きたいから泣き、喜びたいから喜び、怒りたいから怒る。

そして、イタズラしたいからイタズラして、ニヤニヤする。笑

こちらの状況なんて一切お構いなしに。

ひたすらに純粋で、そこに雑念や疑念なんて1ミリもないわけです。

だから、みんなにも愛されて、みんなのことをすぐさま笑顔にできる。

 

おかげで、そんなメッセージを何度も何度も届けてくれていることに気づいたわけです。

その存在を通して。

それから自分の子どもの頃や周りの人たちと照らし合わせていくと、内側から溢れてくる想いに気づきました。

 

この”純粋性”を守りたい。

し、守るだけじゃなくて、さらなる輝きを放てるようにしたい。

 

子どもたちが生まれ持った”純粋性”を持ったまま、いやむしろ磨きをかけていったら、そりゃもうすごいことになると思って。

とんでもない可能性を秘めてると思うし、子どもたち自身めちゃくちゃハッピーで、どれだけ年齢を重ねても、周りにも凄まじい影響を与えていくこと間違いなし。

 

 

やっぱり大人になっていく中で、社会に揉まれる中で、どうしても”純粋性”は失われていきます。

これを読んでいるあなたも、胸に手を当てれば、大なり小なり心当たりがあるんじゃないでしょうか。

「子どもの頃は、、、こうだったのに、、、」
「若い頃は、、、あーだったのに、、、」

と思い浮かぶ人は、正に”純粋性”を失ってしまった人です。

もちろん0になったって話ではありませんが、仮に生まれた瞬間を100だとした場合、どうしても減少してるということになります。

 

そして、僕だってそう。

我ながら純粋な人間だってのは胸を張って言えますが、それでもかなり失ってた時期もあるし、それこそ純粋性の塊である息子と対峙していたら、否が応でも突きつけられます。

あ、もちろんまだまだ伸びしろがあるのかってことで良い意味でですけど。笑

 

 

じゃあ息子が同じように純粋性を失っていくのはどうなのか。

絶対に嫌だ!!!

即答で嫌だ!!!笑

 

だから、始まりは、息子のかけがえのない”純粋性”を守り、更に輝かせたいと思ったから。

そう思ってる内に、同じように子どもたちのかけがえのない”純粋性”を守りたい。

そして、さらなる輝きを放てるようにしたい。

と思うようになりました。

 

そのために、僕ができること、やっていきたいことがあります。

詳しくはまた次回以降お届けしますが、最初に触れたモニターの件が、ここで活きてきます。

本当にやって良かったー^^

これからやっていくことはもちろん、やらないことも見えたので尚更。

 

 

みんな、”純粋性”を持ったまま、と言うか最大限に発揮して生きて良い!

 

 

———

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの登録はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ