こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

セッションを受けてくれたM.Wさんが、アンケートに答えてくれました。

ありがとうございます^^

 

———

Before

こだわり過ぎる性格、なんとかならないものかと困っていた。

 

After

自分の特性でもあるこの性格を大事にしていこう。
モヤモヤ悩まずに、自分も周りの人も穏やかに過ごせそうな気がする。

 

Q.これからの毎日、人生がどう良くなりそうか?

モヤモヤ自分の頭の中だけで考えずに、紙に書き出して物事を整理するようにしたい。不要な考えすぎ、悩みすぎを回避出来そう。
一番そばで聞いてくれる人に、ライトにいい状況で話を聞いてもらえそう。
自分も相手もより居心地よく過ごせそう。

 

Q.どうして山之内 紳悟のセッションを受けようと思ったか?

コーチングがどんなものか気になっていたから。
話を聞いてもらいたいと思ったから。

 

Q.山之内 紳悟はどういう人か?

穏やかに話を聞いてくれる。前向きな言葉で安心感と元気をくれる人。

 

Qどういう人に薦めたいか?

悩んだり困ったりしている人。

———

 

この世界には、もちろん色んな性格の人がいますよね。

文字通り、十人十色。

心から愛する人ですら違うし、血のつながってる家族ですら全然違うもの。

似たようなところがあっても、ニュアンス的にズレてたりとか。

要は、たくさんの”違い”がそこにはあるわけです。

 

でも、多くの人がその違いを何とかしようとする。

その違いのせいで、トラブルが起きてると思ってる。

その違いをなくせば、人間関係が良好になると思ってる。

 

が、しかし!

むしろ逆効果。

自分の本質的な特性は変えられないもの。

と言うより、思いっ切り活かした方が、どんどん輝いていくもの。

なのに、何とかしようとしたり、変えようとしたりすればするほど、それって自分で自分の首を締めることになるわけです。

どんどん窮屈になるから、どこかで「何で私が我慢しなきゃいけないの」という気持ちになってくるし、口に出さなくても周りに対してイライラしたり、それを繰り返すからモヤモヤしたり。

収まるどころかトラブルは増える一方だし、人間関係はより崩れていきます。

 

だから、今回も、まずは自分の特性である性格を「これで良いんだ。これが私なんだ」と受け入れるところから。

駄目だと思っていた性格も、「人のために最後までベストを尽くしたいからなんだ」と自分の思いが反映されてることに気づいて、喜んだりしながら。

受け入れた時点で、”違い”を受け入れられるようになるから、自分にも周りにも優しくなれます。

 

その上で、より良い人間関係を築けるよう、どうしていくか。

真逆の性格の相手とどんな風に関わっていくか。

自分の性格をより活かすために、どううまく付き合っていくか。

これらを1つずつ深めていった結果、色々とやってみようと思えることが出てきました。

 

ちなみに、こだわり過ぎる人って時間がかかり過ぎたり、1人で頑張っちゃったりすることに悩むことが多いと思います。

特に、そうこうして色々自分の中でグルグルなって、限界がきてから人を巻き込むから、迷惑かけちゃってるなぁなんて思い悩むことも。

なので、その辺の解決ポイントもお伝えしました。

もちろん前提として、自分の性格を受け入れたからこそ、このポイントが活きてくるわけです。

 

結果、アンケートにもあったように、「自分も相手もより居心地よく過ごせそうというグッドな形が見えました。

人間関係において、お互いが心地良いって本当に最高ですからね。

 

 

受けてくれたのはコチラ

 

 

———

 

ダイレクトに更に濃い情報をGET
気軽にやり取りできる

メルマガの登録はコチラ

ここでしか言わないことも!?笑

 

LINE@もやってます!

登録はコチラ

あるいは、@roh8532bで検索

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ

case

受講者の声

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

「みんなできてるから」苦手なことにもチャレンジしてたけど、何でも自分でやろうとしてただけだな。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

やりたい気持ちがいくら強くても頑張れなかったけど、、、まさかそういうことだったのか。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

「本当にこれで良いのかな」という先々への不安に揺さぶられて、決断できません。

lifemission

1 on 1 コーチングセッション

これでいいんだと自信に溢れ、抵抗感なく、心置きなく本音を人に話せるようになる。