子どもが生まれるまでに、コミュニケーションの土壌を築いておこう。

こんにちは^^
山之内紳悟です。

 

僕たち夫婦がうまくいってるのは、コミュニケーションの土壌ができあがっていることが何よりも大きい理由だと思います。

どれだけ愛し合ってても、コミュニケーションの土壌がなければ、おそらく続かないだろうなと色んな夫婦を見ては思うようになりました。

 

じゃあ「コミュニケーションの土壌」って何か?

シンプルに、文字通り

「コミュニケーションを丁寧にとること、話し合いを大切にすることが、お互いの共通認識として刷り込まれている」

ということです。

この共通認識が土台にあることによって、「(ケンカなど)何があっても大丈夫」という安心感や信頼感へとつながっていきます。

 

誤解や勘違いなんて小さいものも含めれば、毎日のように起きているものです。

お互い全然違う人間だから、言葉1つとっても、発した人間と受け取った人間では解釈が大なり小なり違います。

もちろん全部をいちいち拾って話し合えと言いたいわけではありませんが、それらの積み重ねが、気づいたら取り返しのつかないような大きなすれ違いに発展することも大いにあります。

なので、スルーできるものはスルーしちゃって大丈夫なんですけど、少しでも違和感があるなら、話し合うことをオススメします。

 

こうして、一つひとつ丁寧にミスコミュニケーションを減らしていくことで、より一層お互いのことを知ることができ、さらなる深いつながりを感じることができるようになります。

「え、そんなふうに思ってたの!?」「うわ、そうやって感じてたのか」と本当にビックリするくらい新発見の連続です。

コミュニケーションを丁寧にとることで、今まで見えてなかったお互いの本音に触れることができ、そこから歩み寄ることができるようになるわけです。

 

だから、コミュニケーションの土壌ができていれば、たとえ激しい言い争いやすれ違いが起きたとしても、お互いが「話し合おう」と思えることで、前に進めるわけです。

なので、コミュニケーションの土壌が大切だとお伝えしています。

 

 

というところで、実は今日の本題はここから。笑

じゃあ「いつコミュニケーションの土壌を築けば良い」のか?

それは、「子どもが生まれるまでに」がベストです。

もちろん今これを読んでいるあなたが既にお子さんがいる場合は、これを読んだ瞬間からで大丈夫。

 

と言うのも、僕たち夫婦も子どもが生まれてから、一気にケンカが増えたからです。

これはどこの夫婦も同じようで、やはり肉体的にも時間的にも余裕がなくなることで、それまでは気にならなかったようなことでもいちいちイラっとしたり、そんな時に限って嫌なところばかりが目についたりして、その度にぶつかることが増えるからです。

産まれてからすぐは本当にキツいですし、1歳くらいまでは結構大変なことも多く、遥かに想像以上にバタバタします。

初めてのことばかりで、あたふたするし、もちろん不安にもなります。

ちなみに、そういったことも含めて、子どもの存在は本当に尊くて、それはそれは幸せなことでいっぱいなんですよ。

それでもどうしてもぶつかっちゃうのは避けられないんですよね。

 

そんな状況で、コミュニケーションがうまくとれなかったらどうですか?

ぶつかるだけぶつかって、話し合いなんて以ての外、少しも歩み寄ろうとしなかったらどうですか?

 

ハッキリ言って、もう無理ですよね。

実際、ここから夫婦関係が破綻していくケースが多々あります。

「私はこんなにしんどいのに」「俺だってこんなに頑張ってるのに」というお互いの主張のすれ違いが、信頼関係の崩壊へとつながり、「もうこの人とはやっていけない」と思うようになるわけです。

 

そりゃそうなりますよね。

一緒にいても、1人で頑張ってるような感覚になるなら、余計つらいだけですから。

 

 

でも、僕はそんなの嫌なんですよね。

子育て初期、ましてや初めてだったら尚更、誰しもがしんどくて大変な時期なわけです。

1番傍にいて、愛し合ってる人に味方でいてほしい。

一緒に力を合わせて、乗り越えてほしい。

 

そのために鍵を握る大きな要素が、「コミュニケーションの土壌があるかどうか」なんです。

土壌があれば、

つらくても、話し合える。
大変でも、「この人となら大丈夫。一緒にやっていける」と信じられる。

土壌がないと、

1人で抱え込んで頑張っちゃって、余計につらくなる。
「この人じゃもう無理。どうしたら良いの」と途方にくれる。

極端に聞こえるかもしれませんが、本当にこれくらい違いがあってもおかしくありません。

 

うまくいってる時や何もトラブルが起きてない時は誰も何も気にしません。

大変な時にこそ本質が問われます。

力強い絆で手を取り合って歩んでいくためにも、是非「子どもが生まれるまでに」コミュニケーションの土壌を築いてもらえたらなと思います。

 

 

ちなみに、途中でも言ったように、おかげで僕たちは、大変なことはもちろんあるし、ケンカが増えたのも事実ですけど、全部ひっくるめて楽しく子育てができてます。

今まで以上に丁寧に密にコミュニケーションを大切にしながら。

 

 

現在募集中!

    もう我慢しなくても良い!【自分たちに合った夫婦のカタチを見つける】セッション

    どうやったら本音を出し合えたり、一緒に歩んでいけたりするような夫婦の関係性を築いていけるか。
    そして、どうやったら自分たちに合った夫婦のカタチを見つけて、築いていけるか。

    そのために必要な要素をギュギュッと詰め込んだセッションです。

    まずは、「今悩んでいることや気になっていること」を解決していきましょー!

 

 

メルマガ・LINE@のお知らせ

    「もう我慢しなくても良い夫婦コミュニケーション」の更なるヒントやコツをお届け!

    僕たち夫婦の具体的なエピソードやタイムリーなネタも含め、日常でも実践できるように、ブログより更に深く、身近にお届けしています。

    ■メルマガの登録はコチラ

    ■LINE@の登録はコチラ
    (あるいは、@roh8532bで検索)

    それぞれお届けしている内容が違うので、どちらも楽しんでもらえたらなと^^

    もちろん僕と仲良くなりたい人にもオススメですよー!

 

 

———

 

■イベントページはコチラ

■サービスページはコチラ

■プロフィールはコチラ

■お問い合わせはコチラ